フォトスタジオ開業の失敗例|ケーススタディで対策を知ろう

弊社はフォトスタジオ(写真館)向けの総合業務アプリケーションを開発してる、システム開発企業です。

そのなかで、フォトスタジオの抱えている困りごと、課題などをもとに、効率の良いフォトスタジオの運営に寄与することを目指してシステムを開発しています。

フォトスタジオに限らず、はじめて店舗を開業するには不安はつきものです。今回は、開業の失敗例から学びながら、成功に向けて取り組むための対策をご紹介します。

フォトスタジオ開業の失敗例

フォトスタジオの開業の失敗例としては、以下のようなものがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 初期投資が大きくなりすぎた
  • スタジオの家賃負担が大きかった
  • 業務効率に問題があった
  • サービスや接客の質に問題があった
  • 集客施策が適切でなかった
  • 他店舗との差別化ができていない
  • スタジオの立地が良くなかった
  • WEBサイトやSNSを活用できていなかった

初期投資が大きくなりすぎた

初期投資が大きくなりすぎることは、フォトスタジオの開業において失敗の要因となる可能性があります。以下に初期投資が大きくなりすぎることから起こりうる問題をいくつか挙げます。

資金不足

開業時に必要な初期投資が予算を超えてしまうと、事業運営に必要な資金が不足する可能性があります。経営資金の不足は、広告やマーケティング、設備の充実、スタッフの採用・研修など、成長や競争力の確保に必要な投資に制約をかけることになります。

適切な設備や機材の不足

初期投資が大きくなると、適切な設備や機材を導入するための予算が不足する可能性があります。写真撮影には高品質なカメラや照明機材、スタジオセットなどが必要です。
十分な設備や機材の不足は、撮影の品質やサービスレベルの低下につながり、顧客の満足度や信頼を損なう可能性があります。

負債の増加

初期投資に借入金やローンを活用した場合、返済負担が大きくなる可能性があります。返済にかかる負担が重くなると、資金の使い道や事業の成長戦略に制約が生じ、経営の柔軟性が低下することがあります。

初期投資が大きくなりすぎると起きる問題
  • 経営資金不足になり、スタッフの採用や研修ができなくなる。
  • 十分な設備や機材が不足して、撮影の品質が低下する。
  • 返済負担が大きくなりすぎると、店舗維持だけに資金を使うことになる。

スタジオの家賃負担が大きかった

高額な家賃を支払うためには、他の経費や投資に制約が生じる可能性があります。経営戦略の変更や事業拡大に必要な資金の確保が難しくなり、柔軟性の低下につながることがあります。

対策としては、月の見込売上をしっかりと予測し、月の家賃負担は売上の10%以下に抑えるようにします。

また、独自のコンセプトを打ち出した内装や小物をDIYで整えます。

業務効率に問題があった

特に開業したばかりは少ない人数で効率的に店舗を運営することになります。忙しいことによるミスはお客様の信頼を失ってしまいます。

予約管理の混乱

予約管理が手作業や煩雑なシステムで行われている場合、予約の重複や間違いが発生しやすくなります。これにより、お客様の不満やトラブルが生じ、信頼性や効率性が低下する可能性があります。

ワークフローの遅延

撮影や画像編集、商品の製作などの業務プロセスが遅延している場合、お客様へのサービス提供が遅れることがあります。これにより、お客様の満足度が低下し、口コミや評判の悪化につながる可能性があります。

予約管理を効率化するためには、専用の予約管理システムやソフトウェアを導入することが有効です。これにより、予約の重複やミスを防ぎ、効率的な予約管理を実現できます。

業務プロセスを見直し、ボトルネックや遅延の要因を特定し改善することで、業務の効率化を図ることができます。作業の流れやタスクの割り振りを最適化し、スムーズな作業進行を実現しましょう。

効率化のポイント
  • 店舗のスタッフが2名以上の場合はシステム導入は必須です。
  • システムを導入することで、業務プロセスがマニュアル化されます。

集客施策が適切でなかった

例えば、フォトスタジオがウェブサイトやSNSを活用していなかった場合、オンライン上での存在感が薄くなります。お客様はインターネットを利用して情報を探し、予約や購入の意思決定を行う傾向があります。適切なオンラインプレゼンスを持つことで、お客様へのアプローチや集客につなげることができます。

WEB予約に対応していない場合、お客様は電話や直接来店などの方法で予約を行わなければなりません。これにより、お客様にとって予約手続きが煩雑になり、利便性が低下します。

一方、WEB予約サイトを導入することで、お客様はいつでも自分の好きな時間に予約を行うことができ、利便性が向上します。

他店舗との差別化ができていない

他店舗との差別化ができていない場合、先に営業をしているフォトスタジオに営業力で勝ることができず、お客様数が増えないということも考えられるでしょう。

例えば、子どもをターゲットとしている場合、他の店舗との差別化を図るために以下のようなアプローチが考えられます。

  • ファンタジーやアドベンチャー、動物などのテーマを取り入れた撮影スタイルやセットを提供する
  • 子どもの笑顔を最大限引き出せる接客を打ち出す
  • 子どもの成長に合わせた各イベントごとの撮影プランをまるっと提案できる

特定のテーマやコンセプト、それに紐づいたメリットやプランを設定し、それをお客様に魅力的に伝えることが重要です。自分のフォトスタジオのメインターゲットにとってなにを価値と感じてもらえるのか、お客様起点の意識で検討しましょう。

スタジオの立地が良くなかった

フォトスタジオがターゲットとするお客様にとってアクセスが困難な場所に位置していると、お客様がスタジオを利用するためのハードルが高くなります。たとえば、子供を対象としたフォトスタジオが住宅街の奥に位置している場合、家族が足を運びにくくなります。

フォトスタジオの立地はお客様にとって重要な要素です。特に七五三のようなイベントでは、神社からの移動がスムーズであることが望まれます。神社の近くに位置するフォトスタジオは、着物の着付け後に移動せずに撮影ができる利便性があります。立地を考慮してフォトスタジオを選ぶことは、お客様の利便性と満足度向上につながります。

WEBサイトやSNSを活用できていなかった

オンライン上での知名度や集客力が低かった場合、競争力を失うことがあります。

インターネットやソーシャルメディアを活用した情報発信やマーケティングは比較的小規模な投資から始めることができます。

フォトスタジオの情報発信やマーケティングを効果的に行うことで、集客やブランド認知の向上につなげることができます。

まとめ フォトスタジオ開業の失敗例

フォトスタジオ開業の失敗例をまとめると以下のケースがありました。

  • 初期投資が大きくなりすぎたケース
  • フォトスタジオの家賃負担が大きかったケース
  • 業務効率に問題があったケース
  • サービスや接客の質に問題があったケース
  • 集客施策が適切でなかったケース
  • 他店舗との差別化ができていない
  • スタジオの立地が良くなかったケース
  • WEBサイトやSNSを活用できていなかったケース

オンライン予約の需要が高まっている中で、フォトスタジオがWEB予約サイトを導入することが重要です。お客様の利便性向上や受付業務の効率化、マーケティング施策の展開や顧客情報の活用など、さまざまなメリットがあります。

新規のお客様はフォトスタジオの「空間」や提供する「衣装やメイク」などの要素に魅力を感じ、選択することがあります。写真撮影の際には、美しい背景や装飾、魅力的な衣装やメイクが写真の質を高める要素となります。

一方、リピーター客はそのフォトススタジオの「接客の品質」や「サービスの充実」に価値を見出し、再びそのお店を選ぶ傾向があります。お客様への丁寧な対応や信頼性の高いサービスが、リピート率の向上や口コミの広がりにつながる重要な要素です。

業務の効率化とコスト削減にはWEB予約サイトの導入がオススメです。

フォトスタジオ向けWEB予約システム totoco-net(トトコネット)<詳しくはこちら

トト調
最新記事
カテゴリ一覧

プロフィール

totoco-net
公式キャラクター
トトコ

性格:
見かけによらず、意外とアクティブ
世話好きで好奇心旺盛
趣味:写真撮影、ゲーム

Smart Photo Studio