儲かるフォトスタジオの秘訣とは?!成功するために必要なポイントを解説

弊社はフォトスタジオ(写真館)向けの総合業務アプリケーションを開発してる、システム開発企業です。

そのなかで、フォトスタジオの抱えている困りごと、課題などをもとに、効率の良いフォトスタジオの運営に寄与することを目指して日夜システムを開発しています。

ですので、数多くのフォトスタジオ様とお付き合いをしております。

だからこそわかる、成功しているフォトスタジオの共通点を見つけることで、成功するフォトスタジオの秘訣が見つかるのでは?と考え、当社の全国のフォトスタジオを訪問しまくる営業担当者に直接インタビューすることにし、儲かるフォトスタジオの秘訣を探ります。

儲かるフォトスタジオの理由に迫るインタビュー

まずは、今回インタビューを快く引き受けてくださった営業担当者の略歴をご紹介します。

2003年に電算インフォメーションに入社(社歴は20年)
約10年前からスマートフォトスタジオの営業担当者に抜擢され、年間約20店舗以上を全国津々浦々訪問してます。
今の目標は「スマートフォトスタジオ導入全国制覇!」

ちなみに、スマートフォトスタジオ(Smart PhotoStudio)とは・・・

フォトスタジオ・写真館の業務効率・売上アップをサポートするシステムです。
業界No1の基幹ソフトです。<詳しくはこちら

営業担当者が語るフォトスタジオの地域差と今

インタビュアー

七五三や婚礼などは地域差があるかとおもいますがいかがでしょうか?
例えば、京都では13歳の歳に「十三参り」という風習が盛んだときいたことがあります。

営業担当者

地域によって色々話を聞きます。京都と同じかわかりませんが、沖縄も十三祝い(数え年)がありますし、和装と洋装に加えて、琉球衣装(琉装)が選べることが多いです。また、七草詣り(まいり)と言って数え年の7歳男女を祝う風習も南九州で聞いたことがあります。西日本の方が独自の風習が強いイメージです。逆に北方面は、文化・風習よりもベビー・初宮を写真館さんが大切にしているイメージです。

インタビュアー

北と南でも随分フォトスタジオのあり方が異なってくるんですね。

最近は地域の特色が薄らいできているイメージでしたので、フォトスタジオで地域の文化を大切にされているかと思うと地域に生きるフォトスタジオの強みを感じます。

インタビュアー

ここ数年はコロナによる自粛ムードやハレの日離れが報道されてましたが、コロナの時期と今を比べるとフォトスタジオの雰囲気はいかがでしょうか?

営業担当者

確かにコロナ禍の自粛ムードやハレの日離れは写真館・フォトスタジオの業界には大打撃だったかと思います。

しかし、店舗の方の努力によりコロナ禍でも、旅行に行けなくなった代わりに、記念写真を撮りに来たということを聞いたことがあります。

また、今は、1日何組様限定といった予約中心の写真館さんが多い感じでしょうか。

以前よりゆとりがある撮影になるので、撮影されるお客様にも喜ばれているかと思います。

インタビュアー

まさにコロナというピンチをチャンスに変えた感じですね。

営業担当者が語る儲かるフォトスタジオとは

全国を飛び回っている営業マンが感じる儲かっている=人気のあるフォトスタジオを深堀したいと思います。

インタビュアー

なかなか、分かりにくいかと思いますが、儲かっていそうなフォトスタジオの特徴などありますか?

営業担当者

そうですね、一概にはいえませんが、個人的には良い店の多くは、ホームページやSNSを含め、スタジオからの発信が出来ていると思います。

直ぐに比較出来てしまう状況で、来店してもらう”きっかけ”をいかに多く持つか。そのためには、携帯電話で撮る写真とは違う写真作りがスタジオ作りにも反映されていくと思っています。

オーナーさんの本音はわかりませんが、ホームページのデザインや、スタジオの外観や店内からどのような撮影を重視しているのかはある程度判断することができるようになりました。

インタビュアー

なるほど、私も店舗を選ぶときにホームページに掲載されている外観やメニューで比較することがありますからそこを大切にしているお店が人気なのはわかる気がします。

儲かる(儲かってそう)オーナーで思うコト

インタビュアー

フォトスタジオのオーナーも昔は先祖代々のカメラマンが多かったかと思いますが、最近は様々な業種の方がフォトスタジオを経営してますよね。その中でも儲かっていそうなオーナーの特徴はありますか?

営業担当者

こちらも個人的な見解になりますが、オーナーさん本人だけではなく、スタッフさんにとって良いと思ったことやスタッフさんからの提案を、積極的に取り入れているのかなと思っています。

インタビュアー

そういうよい環境のお店の雰囲気はお客様にも伝わって居心地の良い店になりそうですね。

「推しスタジオ」の特徴

インタビュアー

全国、様々な形態のフォトスタジオを訪問されていますが、個人的に応援したいスタジオの特徴はありますか?

営業担当者

自然光相手のロケ撮が上手なスタジオさんには、個人的に頑張ってもらいたい。

と思ってます。

自然光相手なので、計算できないし半ば運みたいなものもありますが、そこを良い感じに切り取った素晴らしい写真を見るとホントに感動します。

インタビュアー

ありがとうございました。

フォトスタジオへの愛♥を感じられるお話を聞けて良かったです。

今回は当社の主にフォトスタジオ・写真館を担当している営業マンにお話を聞くことができました。

本当に北は北海道、南は九州・沖縄まで様々なお店を日々訪問されているので、お忙しいときには何日も社内でお見かけしたいこともあります。

儲かってる=人気のある店舗の特徴としては地域の特色や文化、そこに住む人々の特徴を大事にするとともにホームページやSNSの有効活用しているお店なのだと感じました。

また、コロナなど個人の力ではどうにもならないことに対しても決して腐らず、前向きにとらえ、ピンチをチャンスにかえるバイタリティーを感じました。

<儲かってるフォトスタジオの特徴>

  • 地域の特色や文化、そこに住む人々の特徴を大事にする。
  • ホームページ・SNSで情報を発信している。
  • 店のためになるアイデアはどんどん受け入れる。
  • ピンチをチャンスに変える。
業務の効率化とコスト削減にはWEB予約サイトの導入がオススメです。

フォトスタジオ向けWEB予約システム totoco-net(トトコネット)<詳しくはこちら

トト調
最新記事
カテゴリ一覧

プロフィール

totoco-net
公式キャラクター
トトコ

性格:
見かけによらず、意外とアクティブ
世話好きで好奇心旺盛
趣味:写真撮影、ゲーム

Smart Photo Studio