vol. 2:フォトスタジオDXの鍵!SNSで集客を成功させるための戦略

toto-shira

vol. 2:フォトスタジオDXの鍵!SNSで集客を成功させるための戦略

写真業界の進化と共に、フォトスタジオの役割は大きく変化しています。従来の撮影サービスだけでなく、顧客とのコミュニケーションやマーケティングまで、より幅広い業務が求められています。

そんな中、SNSはフォトスタジオにとって、集客に欠かせないツールとなっています。

この記事では、フォトスタジオ運営でSNSを活用し集客を成功させるための戦略を解説します。

主要SNS活用ガイド

すべてのSNSに対応する必要はありませんが、日本の主要なSNSに対応することで宣伝効果も高まります。

顧客がSNSを見て「イイね」と思ったら、すぐに予約していただきたいので、SNSのプロフィールに店舗の詳細情報、WEBサイトや予約サイトのリンクを必ず貼りましょう。

ここでは主要なSNSを有効的に活用するためには、以下のポイントを意識しましょう。

顧客が店舗を探す検索方法のひとつとしてGoogle Mapが良く使用されます。そこで重要なのが、掲載されている店舗情報、店舗の外観、動画など、特に顧客の検討材料となる写真には宣伝効果も強いので充実させましょう。ここを充実させることで顧客数が2倍になった例もあります。

  1. Google Mapより「店舗名」で検索しビジネス プロフィールに移動します。
  2. [プロフィールを編集] 次に [ビジネス情報] を選択します。
  3. 以下の項目が修正できます。変更ごとに [保存] を選択します。
    • ビジネス名
    • カテゴリ
    • 営業時間
    • ウエブサイト
    • ソーシャルメディアリンク など

(プロフィールが修正・追加できるのは管理者権限のオーナーの登録を行いましょう。)

Instagramの投稿

一般的に、20代から30代の世代はInstagramに投稿された写真やスタジオの雰囲気などを見て、予約を決めることが多いです。

季節やイベントごとに素敵な写真を投稿することで、顧客の心をつかみ、この写真を撮影できるカメラマンに撮影してほしいというファンを増やすことができます。このようなファンは、リピーターにもなりやすい傾向があります。

instagramでお店の情報を配信する場合は、「プロフィール」を編集して情報を追加しましょう。
Instagramのアプリなどから、「プロフィールを編集」を開き、「リンクを追加」をタップして、お店のウェブサイトや、予約サイトのURLリンクを貼りましょう。

Instagramで素敵な写真を発見した顧客が「このスタジオで撮影したい!このカメラマンに撮影してほしい。」と思うのは自然の流れです。そんな写真に予約サイトのリンクがあれば、スムーズに予約が完了できます。

以下の手順で予約サイトのリンクを付けてはいかがでしょうか?

  1. Instagramアプリを開く
  2. アプリのホーム画面左上のプロフィールアイコン「+」をタップ
  3. 「ストーリーズに追加」画面で、投稿したい画像や動画をタップ
  4. 画面上部の「スタンプマーク」をタップ
  5. スタンプ一覧の中から「リンクスタンプ」をタップ
  6. URL(予約サイト)を入力
  7. 「+ スタンプテキストをカスタマイズ」をタップ
  1. 表示されたテキスト欄に「ご予約はこちら」など文字を入力
  2. プレビュー画面でリンクを確認して問題がなければ、画面右上の「完了」をタップ
  3. ピンチイン・アウトで大きさを変えたり、スワイプで画面の好きな所へ移動もでき、「URLリンクスタンプ」をタップすると色が変わるのでお好きな色になるまでタップしてください
  4. 完成した画像や動画を「ストーリーズ」に投稿します

ストーリーズに投稿されたリンクが正しく表示されていることを確認してください。
しかし、ストーリーズには24時間の制限があります。24時間以上表示したい場合は「ハイライト」です。
投稿にハイライト機能を設定をすることで24時間経過後も投稿が残ることができ、フィードトップに留められます。

  1. ストーリーズ(ハイライトに入れたい投稿)の再生画面を表示
  2. 画面右下にある「ハイライト」をタップ
  3. 新しいハイライトにテキストを入力し、「追加」をタップ
  4. ハイライトに設定されます

ハイライトはカバー写真やタイトルを編集することができます。ストーリーズの内容に合わせた写真やタイトルを考えましょう。

LINE公式アカウント

LINEは顧客とのコミュニケーションが主な使い方です。顧客とのやり取りが履歴に残るので、スタッフ全員の共通認識になります。最近はメールの開封率よりもLINEの開封率の方が高いため、メルマガよりLINEでキャンペーンもお知らせできたほうが宣伝効果が高いです。また、お友だち登録によりLINEリストを獲得することも大事です。登録してもらったお友だち登録のニックネームは顧客の本名や予約日、顧客管理番号などに変更や追記するとで管理しやすくなります。

弊社サービスのWEB予約システムtotoco-netでは、予約受付フォームに店舗のLINE公式アカウント「お友だち登録」ボタンを設置することができます。

LINEビジネスでは、リッチメニューを使って予約サイトに誘導することもできます。

詳しくは、LINEヤフー for Business > リッチメニューを作成する

これからの「TikTok」の活用

昔ながらの「写真館」は、ビジネスモデル的に、あまり動画を活用していませんでした。

しかし、これからは、動画スキルを磨き、「TikTok」で、スライドショー動画などを投稿して、情報を発信するフォトスタジオが増えてきています。

例えば、TikTokに撮影風景や、スタッフの笑顔など、短い動画でお店の魅力を伝えることができれば、TikTokを利用する顧客層にも宣伝することができ、フォトスタジオの認知度向上や集客に繋げることができます。

TikTokにもプロフィールに外部リンクを張ることができますが、一定数のフォロワーがないと張れない仕組みです。一般的には1000フォロワーと言われています。

1000フォロワーがいる場合はぜひ、プロフィール画面にリンクを張ることをおすすめします。

詳しくは、TikTok で、”Urlリンクの貼り方”と検索して、関連動画を参考にしてみてください。

SNS集客を成功させるためのポイント

SNSで集客を成功させるポイントとして、顧客を獲得する方法と戦略をそれぞれ解説します。

  • プロフィールを充実させる: プロフィール写真、自己紹介、得意分野、予約サイトへのリンクなどをわかりやすく記載しましょう。
  • 魅力的な投稿をする: 高画質な写真や動画、興味を引くような文章で、フォロワーの興味関心を高めましょう。
  • ハッシュタグを活用する: 関連するハッシュタグを活用することで、より多くの人に投稿を見てもらうことができます。
  • 積極的にコミュニケーションを取る: コメントやメッセージに返信したり、他のユーザーの投稿にいいねやコメントをしたりして、積極的にコミュニケーションを図りましょう。
  • 広告を活用する: ターゲットを絞った広告配信を行うことで、より多くの人にリーチすることができます。
  • 継続的に発信する: 毎日投稿したり、定期的にライブ配信を行ったりするなど、継続的に情報を発信することが重要です。
  • ターゲット層を意識する: どのような人に自分の作品を見てもらいたいのかを意識し、ターゲット層に合わせた発信を行いましょう。
  • トレンドを意識する: 流行の音楽やファッションを取り入れることで、より多くの人にアピールすることができます。
  • 分析ツールを活用する: 投稿の分析ツールを活用することで、効果的な発信方法を改善することができます。

まとめ

今回は、フォトスタジオがSNSで集客する方法について解説しました。

ご紹介したSNSのほかにも様々なSNSが存在します。すべてのSNSに対応するのは難しいですが、いくつかのSNSを複合させることで、より多くの人たちの目に触れる可能性が大きくなります。

魅力的な投稿で推してくれるファンを増やしていきましょう。

弊社はITを通して、フォトスタジオ様のお手伝いをさせていただいております。

貴店のSNSプロフィールに、WEB予約フォームのURLを貼り付けることで、顧客にも、貴店とっても、Win-Winな、WEB予約システムtotoco-netを是非ご検討ください。

フォトスタジオ向けDXのカギ!SNSが充実できるtotoco-netの導入がオススメです。
WEB予約システムtotoco-net

\totoco-netが気になったあなた/

30日間無料体験実施中