予約システムの導入・開発費用はどのくらい?方法別に料金を比較!

予約システムは、多くのビジネスやサービス提供者にとって重要なツールです。予約システムを導入することで、効率的な予定管理、お客様とのコミュニケーションの向上、そしてビジネスの成長が期待できます。

ただし、予約システムの開発費用は開発方法や実装する機能によって異なります。

この記事では、予約システムの導入・開発方法を紹介し、それぞれの費用やポイントを比較していきます。

予約システムの導入・開発費用相場

予約システムを導入・開発するには、以下の4つの方法があります。

  • 自社で開発する
  • 既存ツールで作る
  • システム開発会社へ外注する
  • パッケージサービスを利用する

ここでは、それぞれの方法で「費用・機能・スキル・日数・運用」の観点で比較していきます。

  • 費用(1高い~5:安い)
  • 機能(1:機能が低い~5:高機能)
  • スキル(1:高いスキルが必要~5:スキルが不要)
  • 日数(1:構築期間が長い~5:構築までの期間が短い)
  • 運用(1:運用が複雑~5:運用がシンプル)

自社で予約システムを作成するには、優れたソフトウェア開発エンジニアが欠かせません。

開発プロジェクトに関わるエンジニアの人数、人件費、開発ツールにかかる費用、システム構築期間やテスト期間も費用に大きく影響します。

一般的に、予約システムの規模が大きいほど、機能が多いほど、開発にかかる費用は高くなります。また、開発に使用するツールや技術が高度なものになるほど、開発にかかる費用は高くなります。さらに、開発にかかる時間が長くなるほど、開発にかかる費用は高くなります。

具体的には、単純な予約システムであれば、数百万円程度で開発できる可能性があります。しかし、複雑な予約システムや、独自の機能を搭載する予約システムを開発する場合は、1,000万円以上かかる場合もあります。これらを慎重に見積もることが重要になります。

参考費用:数百万~1,000万円

費用:2★★
機能:3★★★
スキル:1★
日数:1★
運用:3★★★

エクセルやWordPressを利用した予約システムは迅速かつ手軽に構築可能です。エクセルでは無料で基本的なスケジュール管理が可能で、WordPressには予約プラグインが無料で利用できるフリー版も提供されています。

また、有料版でも、比較的低価格で利用できるプランがあります。

ただし、拡張性やカスタマイズ性は限られ、特定のニーズに対応しきれないかもしれません。利用者数や機能要件によっては、独自の開発が必要となります。

簡易な予約システムを求める場合には無料~数万円程度で開発できる可能性があります。しかし、複雑な予約システムや、独自の機能を搭載する予約システムを開発する場合は、数百万円以上かかる場合もあります。

参考価格:無料~数百万円(ただし機能制限あり、スキルが必要)

費用:5★★★★★
機能:1★
スキル:2★★
日数:3★★★
運用:2★★

システム開発会社に予約システムの制作を依頼する場合、単純なシステムでも数十万円からが基本です。複雑なシステムになると数千万円に及ぶことも考えられ、一般的に自社で開発する場合よりも費用がかかります。


しかし、外注することで、開発にかかる手間と時間を短縮することができます。また、専門知識やスキルがなくても導入することができます。

参考費用:数十万~数千万円

費用:1★
機能:5★★★★★
スキル:5★★★★★
日数:3★★★
運用:4★★★★

予約システムのパッケージサービスは多種多様です。パッケージサービスの種類によって、費用は大きく異なります。オールインワン型*1は、カスタマイズ型*2よりも費用が安い傾向にあります。パッケージサービスの機能によっても、費用は異なります。

基本的な機能のみを備えたパッケージサービスよりも、多くの機能を備えたパッケージサービスの方が費用が高くなります。

*1:様々な機能が1つのセットに詰まってて、全部一緒に使える
*2:ユーザーが必要な機能や設定を個別に選んで調整できる

具体的な費用は、パッケージサービスによって異なります。例えば、オールインワン型のパッケージサービスで、基本的な機能のみを備えたものであれば、初期費用は無料から数万円、月額費用は数千円からというケースがあります。一方、カスタマイズ型のパッケージサービスで、多くの機能を備えたものであれば、初期費用は数万円から数十万円、月額費用は数万円からというケースがあります。
パッケージサービスは、自社で開発するよりも、費用や時間を抑えることができるため、はじめて予約システムを導入したい場合に適しています。

参考費用:無料~数万円

費用:4★★★★
機能:4★★★★
スキル:4★★★★
日数:4★★★★
運用:4★★★★
WEB予約システムの導入には「totoco-net」がオススメです。

「totoco-net」は、カスタマイズ型でありながら初期費用無料で月額5,500円(税込)。
お店のイメージ通りにカスタマイズできる予約サイトと、店舗での空き時間の確認や予約台帳記入などを効率化できるクラウド予約管理ツールを利用できます。まずは、30日間の無料体験からぜひお試しください。

詳しくはこちら

予約システムの導入・開発費用を抑えるためのポイント

予約システムの導入・開発費用を抑えるためには、以下のポイントに留意しましょう。

  • 自社の予約システムに必要な機能や規模を明確にする
  • 複数の業者の見積もりを比較する
  • 運用方法を確認する

これらの手順を踏むことで、予約システムの導入・開発費用を抑えることができます。

業務に必要な機能や規模が明確になっていないと、自社に見合わない予約システムを導入してしまうリスクがあります。余分なコストがかかり、導入・開発費用がかさむ可能性があるでしょう。導入前に、自社の予約システムに必要な機能や規模を明確にしておくことが大切です。
大規模で複雑な予約システムを希望する場合は、自社開発や外部開発が適している場合が多いですが、一般的な店舗や事業所規模のビジネスであれば、パッケージシステムの機能範囲内で対応できる可能性が高いです。

外部発注やパッケージサービスを検討する場合は複数の業者の見積もりを比較することで、費用を抑えられる可能性が高まります。また、複数の業者の提案を聞いて比較することで、より自社にとって適切な導入方法を選択しやすくなります。

システムの運用方法を確認し、従業員へのトレーニングやサポートを行うことで、導入後システムに慣れるまでの期間を短縮できます。。せっかくの予約システムも効率的な運用ができなければ、導入する意味が薄れて費用対効果も悪くなってしまうため、システム導入後まで見据えて運用方法を確立しましょう。

まとめ

予約システムを導入する費用は様々です。自社で開発する場合には高いスキルを持ったSEが必要であり、自由度が高い反面、時間と費用を必要とします。

既存のツールを使っての予約システム導入は時間と費用は抑えられますが、拡張性やカスタマイズ性が限られ、自社のニーズを満たせない可能性があります。。

また、開発を外注をする場合もスキルは必要としませんが、費用が高額になります。正確な要望を伝えないと制作日数がかさみ費用が膨大になる点に注意が必要です。。


費用と機能などのバランスを考えると、通常の店舗や事業所でのビジネスにおいては、パッケージサービス型の予約システムを活用されることをおすすめします。

パッケージサービスにも様々なものがありますので、自社のニーズに合った機能と費用を検討することが大切です。

業務の効率化とコスト削減にはWEB予約サイトの導入がオススメです。

フォトスタジオ向けWEB予約システム totoco-net(トトコネット)<詳しくはこちら

トト調
最新記事
カテゴリ一覧

プロフィール

totoco-net
公式キャラクター
トトコ

性格:
見かけによらず、意外とアクティブ
世話好きで好奇心旺盛
趣味:写真撮影、ゲーム

Smart Photo Studio