toto-shira

【店舗経営者必見】紙の予約台帳はもう古い?!予約台帳システム導入のメリット

近年、様々な店舗・施設で予約台帳システムの導入が進んでいます。紙の予約台帳にはない多くのメリットがある予約台帳システムですが、種類が豊富でどれを選べばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、紙の予約台帳の限界とシステム化の必要性、予約台帳システム導入のメリット、効率的な予約台帳システムを選ぶポイントなどを詳しく解説します。

紙の予約台帳から脱却し、効率的な予約管理を実現したい店舗・施設経営者の方にとって、役立つ情報満載です。

予約台帳とは

予約台帳は、予約されたサービスや商品、施設などの情報を記録するための台帳です。予約の漏れや二重予約を防ぎ、予約状況をリアルタイムで把握できるため、業務効率化に役立ちます。

紙の予約台帳は、シンプルで使いやすく、インターネット環境がなくても利用できるため、停電などの災害時でも利用することができます。また、手書きでメモや書き込みがしやすく、コストも低く抑えられることから、現在も多くの場面で利用されています。

紙の予約台帳は、長年多くの業種で利用されてきた伝統的なツールですが、デメリットも複数存在します。近年では予約台帳システムが普及してきており、置き換えられることが増えてきています。
ここでは、紙の予約台帳の5つのデメリットについて詳しく解説します。

予約情報の管理が煩雑

紙の予約台帳は、予約情報が紙媒体で管理されるため、情報管理が煩雑になりやすいというデメリットがあります。予約日、時間、人数、名前、連絡先などの情報を手書きで記入する必要があり、情報量が多くなると、見落としや誤記入のリスクも高くなります。

また、予約状況の把握も困難です。過去の予約履歴を確認したり、現在の予約状況をリアルタイムで把握したりするには、台帳を一枚一枚確認する必要があり、時間と手間がかかるでしょう。

予約漏れや二重予約が発生しやすい

紙の予約台帳は、手作業で予約情報を管理するため、予約漏れや二重予約が発生しやすいというデメリットがあります。電話や店頭での予約を受け付ける場合、スタッフが聞き間違いや書き間違いをしたり、複数のスタッフが同時に予約を受け付けたりすると、予約情報が混乱しやすくなります。

特に、ピーク時の予約受付では、スタッフのミスが増えやすく、予約漏れや二重予約のリスクが高まります。

データ分析が難しい

紙の予約台帳は、予約情報を分析することが難しいというデメリットがあります。予約状況や顧客データを分析することで、予約数の変動パターンや顧客のニーズを把握することができますが、紙の予約台帳では、膨大な量のデータを手作業で集計する必要があり、非効率的です。
また、分析結果を可視化したり、他のシステムと連携したりすることも困難です。

大規模店舗の管理が難しい

店舗や事業の規模が大きくなると、対応が難しくなるという点もデメリットです。予約件数や顧客数が多くなると、台帳の管理が煩雑になり、スタッフの負担が大きくなります。
また、複数の店舗や拠点で予約情報を共有したり、オンライン予約に対応したりするには、別途システムを導入する必要があり、コストや手間がかかります。

紛失や破損のリスクがある

紙の予約台帳は、紛失や破損のリスクがあるというデメリットがあります。台帳を誤って破いたり、紛失したりすると、予約情報が失われる可能性があります。

予約台帳システム導入のメリット

近年使われている予約台帳システムには、下記のメリットがあります。

複雑な予約業務を効率化

従来の紙の予約台帳では、電話やメール、店頭での予約を受け付け、それぞれの予約情報を手書きで台帳に記入する必要があります。予約状況の確認や変更、キャンセル処理なども手作業で行うため、非常に手間がかかり、スタッフの負担が大きくなります。

しかし、予約台帳システムを導入すれば、これらの煩雑な予約業務を自動化することが可能です。

特にネット予約の場合、お客様はスマートフォンから簡単に予約することができ、スタッフはシステム上で予約情報を確認・変更・キャンセルすることができます。

具体的には、以下のような業務が自動化されます。

  • 予約受付:電話、メール、Webサイト、SNSなど、様々なチャネルからの予約を自動的に受け付け、一元管理できる。
  • 予約状況確認:リアルタイムで予約状況を確認できるので、ダブルブッキングを防ぎ、スムーズな予約管理を実現。
  • 予約変更・キャンセル: お客様は、システム上で簡単に予約の変更やキャンセルを行うことが可能。また、スタッフは変更やキャンセル内容をシステムで確認し、迅速に対応することができる。

これらの業務自動化により、予約対応にかかる時間を大幅に削減し、スタッフはより付加価値の高い顧客対応や、売上向上のための活動に時間を割くことができるでしょう。

ダブルブッキングなど人為的なミスの軽減

紙の予約台帳には、予約情報の記入漏れや誤記入、複数のスタッフによる同時予約受付などによる、人為的なミスが発生しやすいという課題があります。これらのミスは、ダブルブッキングや予約漏れなどのトラブルにつながり、顧客満足度の低下や売上損失を招きます。

予約台帳システムでは、予約情報をデータベースで一元管理するため、人為的なミスを大幅に軽減可能です。具体的には、以下の機能によって、ミスを防止します。

  • リアルタイム予約状況表示:システム上でリアルタイムに予約状況を確認できるので、ダブルブッキングを防ぐことができる。
  • 予約受付制限:同一時間帯の予約を制限することで、ダブルブッキングを防止できる。
  • 予約変更・キャンセル制限:予約変更やキャンセルを制限することで、予約情報の混乱を防ぐことができる。

これらの機能により、予約情報の正確性を高め、トラブルを未然に防ぐことができます。

顧客管理の自動化

予約台帳システムでは、顧客の氏名、連絡先、予約履歴、来店履歴、購入履歴などをデータベース化し、効率的に管理できます。また、これらの顧客情報は様々なマーケティング活動に活用可能です。

具体的には、以下のような活用方法があります。

  • DMやメールマーケティング:顧客の属性や予約履歴に基づいて、ターゲティングされたDMやメールを配信できる。
  • リピーター促進:リピーター顧客への特別な特典やクーポンなどを提供することで、リピート率を向上させられる。
  • 顧客分析:顧客データを分析することで、顧客のニーズや嗜好を把握し、より効果的なマーケティング施策の立案につながる。

これらの顧客情報の活用により、顧客満足度を向上させ、売上向上につなげることができます。

リマインドメールで無断キャンセルも軽減

予約台帳システムでは、予約日前にリマインドメールを自動的に送信することができます。これにより、お客様の予約忘れや無断キャンセルを減らすことができます。

予約台帳システムの導入が有効な業態

予約台帳システムは、予約を効率的に管理し、顧客満足度向上や売上向上に繋げることができるツールです。ここでは、宿泊業、飲食業、サロン、フォトスタジオ、貸し会議室(レンタルスペース)といった、予約台帳システムが特に有効な業種について、それぞれの有効な理由を含めて解説します。

ホテル・旅館(宿泊業)に有効な理由

大手旅行サイトの普及により、ホテル・旅館業界ではWEB予約が当たり前になっています。しかし、旅行サイトよりも、自社のHPからのWEB予約の方がキャンセル率を軽減できると言われています。

客室の空き状況をリアルタイムで把握

複数の予約チャネルからの予約をまとめて管理することで、客室の空き状況を常に把握し、効率的な客室運用が可能になります。

予約受付の負担軽減

24時間365日受けられるオンライン予約機能により、電話やメールでの予約受付業務の負担を軽減できます。特に深夜や休日など、従来の予約受付が難しかった時間帯でも、自動的に予約を受け付けることができます。これにより、人手不足や予約が集中する繁忙期にも対応でき、顧客の利便性向上にもつながります。また、旅行サイトにかかる手数料(8%~15%)の支払いもなくなります。

顧客情報の管理

顧客情報や予約履歴をデータベース化することで、顧客分析やリピーター育成に活用できます。例えば、過去の滞在記録や好みを基に、特別なサービスや割引を提供することで、顧客の満足度を高め、再訪を促進します。また、顧客のフィードバックを収集し、サービスの改善に役立てることも可能です。

レストラン(飲食業)に有効な理由

大手グルメサイトの普及により、WEB予約が一般化しています。しかし、気軽に予約できる分、無断キャンセルも多くその被害額は2000億円以上にものぼります。
無断キャンセル軽減のためにも、予約台帳システムの導入をおすすめします。

席の予約管理

混雑する時間帯の予約を効率的に管理することで、顧客の待ち時間を短縮し、回転率を向上できます。

オンライン予約機能により、電話での予約受付業務の負担を軽減できます。オンライン予約機能により、電話での予約受付業務の負担を軽減できます。特に繁忙期やランチやディナー時において、電話対応による待ち時間を短縮することで、顧客の利便性を高めることができます。オンライン予約機能により、電話での予約受付業務の負担を軽減できます。

美容サロンに有効な理由

大手ビューティーサイトの普及により、WEB予約が一般化しています。
新規顧客は増えているが、顧客分析やリピータの育成に活用し、顧客満足度を向上させたいと感じているのならば、顧客管理も充実している予約台帳システムをおすすめします。

スタッフの予約管理

複数のスタッフの予約状況をまとめて管理することで、効率的なスタッフ運用が可能になります。例えば、スタッフのスケジュールを一元管理することで、重複した予約やスタッフの負荷を避けることができます。

オンライン予約機能により、電話やメールでの予約受付業務の負担を軽減できます。これにより、スタッフがより多くの時間を顧客のサービス提供に集中できるようになります。

クーポンやキャンペーンの発行、顧客限定メニューの販売など、売上向上のための施策を容易に実行できます。顧客情報を活用し、個別にターゲットを絞ったプロモーションを行うことで、顧客のリピート率や顧客単価の向上を図ることができます。

サロンにはWEB予約システムtotoco-netの導入がオススメです。

\予約台帳変えたくなったら/

totoco-netがありますよ

フォトスタジオに有効な理由

大手のレンタルスペースサイトに登録している経営者がいる一方で、商工会や市役所などで行っている貸し会議室はFAXや電話が主な予約方法です。
古い業態からの脱却には予約台帳システムがおすすめです。

撮影枠の予約管理

予約台帳システムを利用することで、限られた撮影枠を効率的に管理できます。これにより、予約の二重予約や漏れを防ぎ、顧客満足度を向上させることができます。顧客は自分の希望する撮影枠をスムーズに予約できるため、ストレスなく利用することができます。

オンライン予約機能を導入することで、電話やメールでの予約受付業務の負担を軽減できます。顧客は自分の都合に合わせていつでも予約を行うことができ、フォトスタジオ側も受付業務にかかる負担を減らすことができます。これにより、スタジオスタッフはより効率的に業務に集中できます。

顧客情報や予約履歴をデータベース化することで、顧客分析やリピーター育成に活用できます。顧客の嗜好や利用頻度などの情報を把握することで、より個別化されたサービス提供が可能となります。また、リピーターを増やすためのキャンペーンや特典の提供も効果的に行うことができます。

フォトスタジオにはWEB予約システムtotoco-netの導入がオススメです。

\予約台帳変えたくなったら/

totoco-netがありますよ

貸し会議室(レンタルスペース)に有効な理由

大手のレンタルスペースサイトに登録している経営者がいる一方で、商工会や市役所などで行っている貸し会議室はFAXや電話が主な予約方法です。
古い業態からの脱却には予約台帳システムがおすすめです。また、大手レンタルスペースサイトの手数料は経営コストを圧迫する要因ですが、予約台帳システムを導入することで直接顧客とのやり取りが可能になり、手数料支払いを削減できます。

貸し会議室の予約管理

予約台帳システムを導入することで、複数の会議室の予約状況をまとめて管理できます。これにより、各会議室の予約状況を把握しやすくなり、スペースの効率的な運用が可能になります。また、重複した予約やスケジュールのずれを防ぐことができ、顧客の利便性も向上します。

オンライン予約機能を導入することで、電話やメールでの予約受付業務の負担を軽減できます。顧客は自分の都合に合わせていつでもオンラインで予約を行うことができ、スタッフの手間を大幅に削減することができます。これにより、スタッフはより効率的に業務に集中できるようになります。

顧客が自身の予約状況を簡単に確認できるWebマイページ機能や、予約変更・キャンセル機能を提供することで、顧客満足度を向上させることができます。顧客は自分のスケジュールに合わせて柔軟に予約を変更したりキャンセルしたりできるため、より利便性の高いサービスを享受することができます。

レンタルスペースにはWEB予約システムtotoco-netの導入がオススメです。

\予約台帳変えたくなったら/

totoco-netがありますよ

予約台帳システムを選ぶポイント

近年、多くの企業で導入が進んでいる予約台帳システム。様々な種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。ここでは、予約台帳システムを選ぶ際に押さえておくべき6つのポイントについて解説します。

業種・業態に合致しているか?

予約台帳システムは、業種や業態によって必要な機能が異なります。例えば、美容院であれば指名予約機能や顧客管理機能、レストランであれば席種別予約機能や注文機能などが重要になります。

まず、自社の業種や業態に合致した機能を備えているシステムを選ぶことが大切です。主要な業種・業態に特化したシステムも多く存在するので、そういったシステムも検討してみるのも良いでしょう。

機能性に過不足はないか?

必要な機能がすべて備わっているだけでなく、不要な機能まで付いていないか確認しましょう。不要な機能があると、操作が複雑になり、スタッフの負担が大きくなってしまいます。

また、将来的に必要となる機能が拡張できるかも確認しておきましょう。

スタッフが使いやすいシステムか?

スタッフが使いやすいシステムを選ぶことも重要です。操作が複雑だったり、画面が見にくかったりすると、スタッフのストレスになり、業務効率が低下してしまいます。

サポート体制は充実しているか?

システム導入後も安心して利用できるよう、充実したサポート体制があるか確認しましょう。トラブル発生時に迅速に対応してくれるか、不明点があった場合に丁寧に説明してくれるかなどが重要です。

お試し期間はあるか?

多くの予約台帳システムでは、無料トライアルや割引キャンペーンなどを用意しています。まずはお試しで導入してみて、自社に合っているかどうかを確認することをおすすめします。
上記以外にも、様々なポイントを比較検討して、最適な予約台帳システムを選びましょう。

まとめ

ここ数年で様々な業界でDX化が進み、紙からシステムへの切替えが進んでいます。

予約台帳システム導入は、導入コストや運用コストが掛かりますが、それ以上に多くのメリットをもたらすことをご理解いただけたと思います。

導入を検討する際には、自社のニーズに合致しているかどうか、以下のポイントを参考に比較検討することが重要です。

  • 業種・業態に合致しているか
  • 機能性に過不足はないか
  • スタッフが使いやすいシステムか
  • 費用対効果は見合うか
  • サポート体制は充実してるか
  • お試し期間はあるか

当社が開発したWEB予約システム「totoco-net」はWEB予約はもちろん、スケジュール管理、顧客管理、LINE連携、オンライン決済(予定)などを月額5,500円からご利用いただけます。

無料体験も実施しておりますので、まずは、WEBサイトをご確認ください。

予約台帳システムならWEB予約システムtotoco-netがオススメです。
WEB予約システムtotoco-net

\まずはお気軽にお問い合わせください/

totoco-netの詳細はこちら
トト調
最新記事
カテゴリ一覧

プロフィール

totoco-net
公式キャラクター
トトコ

性格:
見かけによらず、意外とアクティブ
世話好きで好奇心旺盛
趣味:写真撮影、ゲーム

\まずはお気軽にお問い合わせください/

totoco-net 詳しくはこちら